痛みはあるの?VIO脱毛

VIOラインの脱毛 / 体調

脱毛について考える脱毛には定期的に通うことが必要ですが、体調がすぐれない時は
意識してVIO脱毛はしない ことが大事です。


デリケートゾーンの脱毛は大変人気がありますし、
ヘアサイクルに沿ってエステやクリニックで施術をすることで
毛量も順調に減ります。


クリニックや脱毛サロンでも、ヘアサイクルに合わせての
予約を教えてもらいますが、それでもコンディションの
良くない時には、予約をした日程をずらすことです。

自信を持つ


人間の皮膚は心身のコンディションともつながっていますので
疲労感が溜まっていたり、寝不足続きの時には
ベストコンディションではありません。


免疫力も落ちていることで、皮膚はとても敏感な状態です。
デリケートゾーンはただでさえも、皮膚は薄くて敏感な場所ですから、
弱っている時にVIO脱毛をすると、いつもよりも痛みを感じます。


光脱毛や医療レーザー脱毛の照射の刺激にも敏感になりますが、
皮膚がとても弱くなっていることから、いつも以上に
肌のトラブルを生じやすくなります。

痛そう


元気ハツラツなときには問題がなくても、弱っている時に
デリケートゾーンの施術を受けると、皮膚には赤みを生じたり、
かゆみが出たり、思わぬトラブルを起こしやすいです。


女性には生理がありますが、毎月の生理の時にも
刺激を感じやすいので、脱毛はお休みをします。


生理の時ではなくても自分の体調がすぐれない時には、
皮膚のトラブルを無駄に生じさせないためにも、VIO脱毛は
別の日程に変更をすることです。